V2. 提言―日本のポリファーマシー

ポリファーマシーを提言する本.家庭医・病院総合医教育研究会第2回目のライブ版.

Contents

 Editorial 提言―日本のポリファーマシー/徳田安春

 1 「家庭医・病院総合医教育研究会」設立のことば/藤沼康樹・徳田安春・横林賢一

 2 Recommendation

        提言―日本のポリファーマシー/徳田安春・藤沼康樹・横林賢一・金井貴夫・綿貫 聡・福士元春

3 Case Conference

 1      成人のポリファーマシ―/綿貫 聡

 2      痛みのポリファーマシ―/東 光久

 3      小児のポリファーマシ―:問題構造を探る/福士元春

 

 Lecture

 

        日本のポリファーマシ―/金井貴夫

 

4 Interview

  アメリカと日本のポリファーマシーGregory W. Ruhnke先生(シカゴ大学助教)に聞く/徳田安春

 

5 Special Articles

  1      救急のポリファーマシー/阿部智一

  2      高齢者のポリファーマシー/仲里信彦

  3      薬剤師に求められるトリアージ能力/佐仲雅樹

  4      診療所・在宅・施設におけるポリファーマシー:海外のエビデンス/浜野 淳

  5      症例から学ぶポリファーマシーへの対応:高齢者医療における多剤服用に関する問題点とその対応/本田美和子

 

 

 

6      Clinical Practice Recommendation 

 

    クスリもリスク/徳田安春

 

7 Medical Education Practice Report

1       地域医療臨床実習の充実への取り組み/岡山雅信

2       総合医が経験した医療管理・病院経営学の旅/小西竜太

3       ポートフォリオ指導事例の検討:ごみ屋敷老人の最期/福士元春・名郷直樹

4       「地域で活躍するジェネラリスト」を生み出し地域に送り出すための、若手病院総合医による初期研修プログラム運営の報告/佐藤健太

 

8 Report

Ÿ   天理よろづ相談所病院レジデント同窓会/八田和大

Ÿ   天理レジデントの心意気/上田裕一

Ÿ   天理よろづレジデント制度の過去・現在・未来/郡 義明他

 


登録情報

  • ムック: 200ページ
  • 出版社: 株式会社尾島医学教育研究所; B5版 (2012/10/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4906842011
  • ISBN-13: 978-4906842018
  • 発売日: 2012/10/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.5 x 18 x 25.8 cm